制度の概要  日本プリント・カラー合板工業組合

 

 

日本プリント・カラー合板工業組合

    [連絡先]
    〒422−8053 静岡市西中原1−5−32
    TEL 054−654−7955
    FAX 054−287−3600
    E-mail nihonprintcolor@ck.tnc.ne.jp

     

  1. 制度の概要

 シックハウス対策に係る建築基準法の改正に対応して、合板やMDF等への特殊加工化粧に関わる業界団体である 日本プリント・カラー合板工業組合(理事長 阿部 善政)は、住宅内装・建具・家具等に使用される木質材料の一部(次頁参照)を対象として、ホルムアルデヒド放散等級の表示を登録する制度を設け、「ホルムアルデヒド放散等級表示規程」を制定した。

 本登録制度は、適用製品に該当する木質材料について、構成する材料(基材、接着剤等)のホルムアルデヒド放散等級等をあらかじめ当組合が提出書類により確認し、その内容を登録するものであり、登録された木質材料については、「日本プリント・カラー合板工業組合ホルムアルデヒド放散等級表示」を行うことができる。この表示マークには、登録業者が、表示の名称、ホルムアルデヒド放散等級、登録番号、登録業者名、製造年月日(又はロット番号)及び問合せ先の6項目を表示し、当組合が確認した事項の再確認が省略できることにより、材料の審査と取引における単純化と公正化が図られるものである。なお、本登録制度の利用は、加盟企業に限ることなく、広く一般に開放する。

 改正建築基準法の施行を7月1日に控え、放散等級の明示された木質材料の製造と市場への供給を円滑に行うため、本登録制度による表示の少しでも早い実施が望まれることから、3月28日(金)よりの運用開始とする。

 本登録制度については、改正建築基準法の施行に当たって円滑な木質材料の供給を図るため、国土交通省の助言を得ながら検討を進めてきたものである。

適用製品

  1. 次に掲げる基材に、非ホルムアルデヒド系接着剤を用いて表面に二次加工したもの
    1. JISマークの表示又は大臣認定を受けた繊維板
    2. JISマークの表示又は大臣認定を受けたパーティクルボード
    3. ホルムアルデヒド放散等級の明らかな複数の基材を非ホルムアルデヒド系接着剤により張り合わせたもの
  2. ホルムアルデヒド放散等級の明らかな複数の基材を非ホルムアルデヒド系接着剤により張り合わせたもの
  3. 1.に該当するもの又は特殊加工化粧合板若しくは天然木化粧合板のJASマーク表示品の裏面に桟木等を非ホルムアルデヒド系接着剤により接着した天井用材等

<木質材料への表示マーク>

 

※ 表示は原則として各枚ごととするが、建設現場、加工工場等まで包装状態が保持できる場合は、各こりごとに表示することができる。

※ 当組合及び全木連は、この表示から生じる一切の責任を負わない。

<カタログ等への表示例>

日本プリント・カラー合板工業組合ホルムアルデヒド放散等級表示
登録番号:○○○○○
放散等級:F☆☆☆☆
構成材料:MDFとプレコート紙を非ホルムアルデヒド系接着剤で接着

※ 登録された木質材料については、全木連ホ−ムペ−ジに、登録番号、登録業者名、製品名、ホルムアルデヒド放散等級、構成材料及び問合せ先を公表する。

次へ→

 

 

 

 

 

-戻る-

全木連webトップへ